どんな状況下であれ最善を尽くしたい、そう願う一人の小さな人間の戯言です。

Follow the Compass☆

ジェフ新体制へ | main | 年末のアレコレ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
成人式!!
1/10は成人式でした。直前まで少々迷っていましたが、意を決して参加してきました。

やはり何かグッと来るものがありましたね。あ、もちろん式そのものではなくて、旧友たちと再会できたことですよ(笑)

本題に入る前に、なんで今頃のうのうと成人式の記事を書いているのかというと‥答えは珍しく成人式のあった月曜と、翌日火曜に二日連続で飲んだからです(苦笑)あ、水曜は今日の英語文献の授業の予習です。きちんと勉強しているんですよ、一応。

式そのものはどーでもいいもんでしたね。評価できるのは、お話が大概短かったこと。かつお話に来た人が少なかったこと。特に3人目の県議員は万歳三唱だけして帰っていきました。最高ですね(笑)
まあ、お話の内容はひどくつまらぬものでしたが。「きちんと話を聞け。話を聞かぬものはロクな者にならぬ」と、ある方は壇上から声を張り上げて仰っていましたが、まったく効果なし。そりゃぁ久しぶりに再会した隣席の旧友たちの話をより聞きたい人たちのほうが多いんだもん、効果あるわけがないのです。しかも内容も寒々としたものとあっては‥宮里藍選手を引き合いにして、「きみらも大志を持って社会で大いに頑張ってくれ」などと言われてもねぇ。そんなある種の天才と比較されてはたまらない。せめて「大器は晩成す」とか、小さくても幸せな人生のつかみ方とか、もう少し歩み寄った話をしてください。僕も「『聞け聞け』なんていうなら、月並みなものではなくもっと内容の詰まった、こちらを惹きつけられることを言ってからにしやがれ」などと友人たちと囁き合っていました。(親曰く、それでも聞かねばならぬときがあるのが社会なんだぞ、と。でももっとあの程度の話しかできないから、うちの市議会具長なんかをやっているんだよ。要するにこもn<以下略、と両断していましたwww)

ともあれ、成人式は荒れることなく無事終了し、その後夕刻よりクラス会があり、中学校の友人たちと再会しました。
僕は高校が私学でかつほかの中学の友人たちと通学路が異なっていたこと(電車で通学していた多くの友人たちと異なり、僕は自転車を毎朝飛ばしていた)、また僕自身人付き合いが下手なこともあって、多くの友人とは5年ぶりの再会となりました。
その懐かしい顔、顔、顔………みなどこかに5年前の面影を残していたものの、成長の跡が、大人となったことを示す何かが、その喜びに満ちたおもてに、紡ぐ言葉に、さりげない仕種に表れていました。
明らかに不良だったやつが、幹事として実にマメマメしく気を遣っていました。それこそ自分のことなぞそっちのけで。
ちょっと頼りなかったコが、今は一生懸命政治とは何かを熱く語ってくれました。
あれだけ自己中でガキっぽかったやつが、今は言動の端々に配慮を漂わせていました。
それが27通り。どこかに不安があっても、今苦境にあっても、みんな希望ややる気、勇気、人によっては逞しささえ持って無事生きていることに、心底安心を覚え、僕自身も力を分けて貰った様に感じました。もう何人かの顔を拝むことができなかったのが唯一心残りでしたが、それでもこれだけが無事に集まれたことには、全くもって神様に感謝せねば!

実を言うと、僕は、過去に向き合うことが恐ろしいこともあり、クラス会や成人式に出ることをずっと逡巡していました。過去とは常にばら色のものではないし、特に僕は中学時代に苦い思い出をたくさん抱えているのです。彼らと会うことが、苦い過去の記憶に触れることとなるのが正直とても怖かったのです。
でもクラス会に行くという選択は間違っていませんでした。彼らと会い、言葉を交わしたことは、僕に絶対に忘れてはならない、しかし忘れかけていたことを思い出させてくれました。
それは、彼らが僕にとってかけがえのないひと時を、記憶を共有する数少ない人たちであることを…そして彼らは僕の素晴らしい友人であって、これからもあり続けることを。
なんでこんな大切なことを忘れていたんでしょうね。自分の卑小さを、粉雪が降り積もる家路を歩んでいるとき、ふと感じました。

"青い空 白い雲 勇気を持って踏み出そう
想い出すと笑い合える 楽しい思い出
大好きなみんなの笑顔が宝物
強いきずなを 僕は忘れないよ…
またあえる日まで 夢を忘れずに
変わらないままで ずっといようよ
またあえる日まで 夢を叶えよう
信じることが 心をつなぐ"


quated from "またあえる日まで"
ゆず、2002/10/17
lyrics by アドベンチャーキャンプの子供達, 北川悠仁
music by 北川悠仁


 
雪路

スポンサーサイト
| Diary | 20:47 | トラックバック:0コメント:4
コメント
私も中学・高校(特に高校)時代に向き合うことがまだできないから…なんかぐっときてしまった。また私はせっかくのお誘いがきても、クラス会には参加できなかったからね。

小学校と中学の同窓会があったらしいんだけど…やっぱり怖さが先にきてしまったよ。

実家にいたら、私はどうしていたんだろう?ちゃんと向き合えてたのか?とちょっと考えてしまいました。

よい成人式を迎えられて、よかったね!お互い、成人おめでとう♪
2006.01.15 Sun 15:23 | URL | おしげ
更新やっと再開できました…
テストで違う世界が見えていたもので(教場1日3つは有り得ん)

過去と向き合うことは非常に難しいと思います。何しろ自分の中に確固として積み上げられているものだし、消し去ることは出来ないことだからねぇ。

でも消し去ることの出来ないものだからこそ、より良い明日のための肥やしに出来るよう向かいあうしかないのだと思う。逆に、過去に真摯に向き合うことこそが未来への確かな一歩になると思うし。過去を切り捨てたり、忘れ去ろうとするのではなく、真摯に向き合い、考え、ネガティヴにならないこと。これが鍵となると思う。
2006.01.26 Thu 00:41 | URL | Chiron octantis
?鞳襃 裨黶 辷肭繻 邇矣鉋鈔 , 跫蓆轢 跏鞐 闔 ?鱇鉉 2002 褌赭辟 韲髑蓙 , 轢闔譛轢? 琲齣鱶袱 2+1 粳? dvd , 赭窶艾逶 關鈔琅 髀纐鈔繙糴 , 銜茆碼
?鞳襃 裨黶
2007.12.12 Wed 00:03 | URL | Allos
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008.05.13 Tue 02:47 | |
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://chironoctantis.blog44.fc2.com/tb.php/3-c2092724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

Chiron octantis

Author:Chiron octantis
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。