どんな状況下であれ最善を尽くしたい、そう願う一人の小さな人間の戯言です。

Follow the Compass☆

成人式!! | main | 2006年の年頭教書(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
年末のアレコレ
年末は、模擬国連全日本大会終了後、その日のうちに父親の実家である福島県いわき市へ電車で帰りました。上野から出るスーパーひたちで3時間弱、あっと言う間に着きます。

翌日は、我が家の恒例行事たる30から31日にかけて温泉地への一泊旅行に行って参りました。

いわき市から磐越道に乗り一路福島市へ。福島市は例に漏れず昨今の雪が積もっていたものの、その日は天候にはやや恵まれていて、雪に煩わされることはありませんでした。

福島市でひとまず高速道路を降り、信夫山をちょっと登ったところにある「柚っこ」という蕎麦屋で昼食をとりました。そこでは打ち立てのそばを出してくれるらしく、注文してから暫時待たされてついに出てきたそばは非常に美味でした。麺は程よく締まった感じで、ちょっと固めな方が好きな僕にとってはあつらえ向きのものでした。つゆも鰹だしがしっかり効いており、蕎麦湯を入れて飲んだ際はちょっと幸せな気分でした(笑)まぁ僅かに甘い感がありましたが。また、そばの前に柚っこ汁というみそ汁も出されたのですが、その美味しいこと美味しいこと!名前の通り柚子の入ったみそ汁なのですが、これだけで「また行きたいなぁ」などと思ってしまいました。

さて、昼食後は再び車に乗り、秘境奥土湯住所は福島市なのですが、連日の大雪(その日もまた凄まじい雪でした)もあり、まさに秘境の感を醸し出していました。
奥土湯風景

宿泊先の旅館「東海温泉」http://www.naf.co.jp/tokai/welcome.stmに着くと、早速お風呂へ。もちろん露天。露天風呂は最高でした。お湯加減がちょうど良く、何時間入っていても全く苦痛ではありません。舞い降りる雪花も美しく、全日の疲れが中和されて行くような、体が芯から融けていくような、そんな心持ちでした。ちなみに混浴だったのですが、まぁ時間が早かったので誰もいませんでしたね。

風呂から戻りくつろいでいると、そろそろ夕食とのこと。旅館の様子から「これはちょっと期待していいのかも」なんて思っていくと…

oshokuji.jpg


写真はあんまり良くありませんが、彩り豊かなお料理がずらりと並んでいました。多くの旅館での悪弊に反して量は多すぎることなく、味は全体に淡白なれどこだわりを感じさせるものであり、また格式ばった感じは全くなく親しみ易い、とても心のこもった温かいものでした。
…これ宣伝じゃないですよ(笑)。

素敵なお料理に舌鼓を打つと、再び風呂へ、というのが例年のパターンなのですが…全日の疲労侮りがたし。部屋に着くや否や、満腹から来る眠気の誘いはとても断ちがたいものがあり、その疲労も手伝ってあっとゆーまに眠りこけてしまいました。不覚ですね。ということで8時就寝翌日の4時半に起床する破目に。とはいえ、結果的には朝風呂を独占できたのですからオーライといったところでしょうか。

あとは朝食後名残を惜しみつつチェックアウト。土湯の名産を一刻弱冷やかした後、真っ直ぐいわきへ。あとは特に語ることもないですね。ほぼルーチン的に紅白&行く年来る年をみつつ、吾輩の2005年は過ぎ去って行きました。
でも今年の紅白はねぇ…みのもんたが異様に空回り&浮き上がっていたのが印象的でしたね。NHK、せっかく頼んだ意味ないじゃん。受信料の無駄遣いだよ、アレ。こうなるだろうとは思っていたけど。若干存在感が薄まっていた山根アナとは、まるで息が合っていなかったし。まぁ個人的にはTMRが主たるターゲットで、その予想の斜め上を行く壊れっぷりを存分に楽しめたので、みのもんたのことなんてどーでもいいっちゃあどーでも良いんですがね。
スポンサーサイト
| Diary | 02:59 | トラックバック:0コメント:4
コメント
全日お疲れ!
へぇ、実家いわきだったんだ?
そして福島の秘湯・・・良いなぁ、行ってみたいよv-48
今年もよろしくね☆

あ、リンクさせてもらっても良いかな?
2006.01.10 Tue 00:08 | URL | Yoshi
明けましておめでとうございます♪
俺も年末そんな感じで過ごしましたよー。
もっとも俺は結局全日で後泊してしまったので、31,1でしたけれどもw
2006.01.10 Tue 03:20 | URL | tarou
>よし
どーもどーも!!
よしさんはどこだったっけ?東北のほうなの?
リンクは大歓迎ですよv-221

>tarou
正しい年末の過ごし方ですねv-48
2006.01.12 Thu 20:51 | URL | Chiron octantis
生まれは秋田、育ちは仙台。生粋の東北人です☆
2006.01.13 Fri 04:20 | URL | Yoshi
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://chironoctantis.blog44.fc2.com/tb.php/2-4fd026bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

Chiron octantis

Author:Chiron octantis
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック

月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。